第13回「日本シューズベストドレッサー賞」

クラフトマン部門 第6回作品募集!!

 

「日本シューズベストドレッサー賞」を制定している「靴のめぐみ祭り市実行委員会」(昭和49年設立)では、優秀な若手靴職人発掘のため「日本シューズベストドレッサー賞」に、平成27年クラフトマン部門を開設いたしました。第5回の昨年は全国から95点のご応募をいただき、甲乙つけ難い大変レベルの高いコンテストになりました。将来の日本の靴造りを支えてくれる才能の発掘をめざして、今年もクラフトマン部門の第6回作品募集を行います。

作品は実際に履ける靴にできることを前提といたします。まずデザイン画でご応募いただいき、高橋牧子氏を委員長とする審査委員会で慎重に審査のうえ、優秀な作品6作品を選出いたします。この6作品については靴を製作していただいて最終審査を行います。審査結果は11月28日(土)、第46回「靴のめぐみ祭り市」会場(東京都台東区)にて実施する、第13回「日本シューズベストドレッサー賞」授賞式のステージにて発表いたします。また「日本シューズベストドレッサー賞」受賞者とともに靴のファッションショーにご参加いただき、メディアを通じて全国の皆さまに作品を披露いたします。さらに今回より、グランプリ受賞作を対象に商品化の策定を行い、受賞者と当実行委員会のコラボブランドの立上げをめざします。

 靴造りを学ぶ学生さん、若手デザイナーや職人さんなど、ファッションやデザインを志している

意欲ある皆様のご応募をお待ちいたしております。

 

主 催  靴のめぐみ祭り市実行委員会

支 援  経済産業省、日本皮革産業連合会

後 援  台東区

募集要項

募集作品  皮革を主要素材とし、テーマに沿ってつくられた未発表の紳士、及び婦人靴。

 

募集テーマ  「今だからこそ、夢を創れ。」 

※皆さまの斬新な発想を具現化してください。甲材、底材、デザイン、色彩等既成概念を覆す作品を期待します。

 

賞  金  

グランプリ  1作品  25万円

準グランプリ 1作品  15万円

審査員特別賞 1作品   5万円

優秀賞    3作品   3万円

グランプリ、準グランプリのお二人には副賞として「ヨーロッパ視察」を贈呈します。

※グランプリ作品は、受賞者と実行委員会のコラボブランドによる製品化をめざします。

 

応募資格

全国の靴造りを学んでいる学生の方、ファッションを志している方。または30歳未満の個人で、靴の制作が可能な方。 (工房等で靴造りをされている方でも、個人資格での応募は可能です。) グループでの応募もOKです。

 

応募方法

デザイン画 (メールで応募の方はpdf.  jpg. ping.で添付してください)

住所・氏名・年齢・連絡先(電話・メールアドレス)

学校名または所属先(個人は不要)を明記し、

作品のコンセプト等のコメント

を添え郵送、または下記のアドレスにメールでお送りください。

(項目の漏れにないようお気をつけください!全て必須項目です)

お一人様何点でもご応募いただけます。

 

応 募 先

〒111-0042東京都台東区寿1-5-10 1510ビル5F

㈱アド・インターフェース内

日本シューズベストドレッサー賞 作品募集係

 

メールアドレス

shoesbestcraft@gmail.com

締  切

令和 2年9月8日(火) 必着 メールについては同日17:00まで

 

審査方法

高橋牧子氏を委員長とする審査委員会において、慎重に審査し選出いたします。

 

審査員

高橋牧子 朝日新聞社ファッション担当編集委員(審査委員長)

日置千弓 ファッションジャーナリスト

経済産業省

服部征夫 台東区長

井口憲一 都立城東職業訓練センター 台東分校長

轟 豊藏 靴のめぐみ祭り市実行委員会会長

 

発  表

令和2年9月23日(水) 「日本シューズベストドレッサー賞」のホームページ上で一次審査の結果を発表いたします。選出された6作品は11月中旬をめどに実際に靴を製作して頂き、11月28日(土)の「日本シューズベストドレッサー賞」の授賞式会場 (東京都台東区)でグランプリ他各賞発表と表彰式、及びファッションショーにご参加いただきます。

なお、グランプリ受賞作は、製品化に向けて当委員会で暫時お預りいたします。

 

お問合せ先 (運営事務局)


「日本シューズベストドレッサー賞」第5回クラフトマン部門 グランプリ決定!!

 

11月23日(土)「靴のめぐみ祭り市」特設会場にて行われた第12回「日本シューズベストドレッサー賞」授賞式において、クラフトマン部門のグランプリを発表いたしました。

一次審査を通過した6作品が実際に靴に仕上げられ、最終審査を行いました。

デザインの再現性、皮革の活かし方、作品の仕上がりなど、五つの視点から審査し、各賞が決まりました。

 

 

グランプリ 神奈川県  麻積香織 様、柴田理音 様 (共作)

準グランプリ 埼玉県 鷲宮紗綾 様

審査員特別賞 千葉県 木村知世 様

優秀賞

 

 ◆デザイン賞 東京都 ゴ ミンジュ 様

◆フューチャー賞 東京都 ヤン ジーウェイ 様

◆クラフト賞 東京都 森 雅誠 様