2018年11月8日(木)第11回 日本シューズベストドレッサー賞の記者発表会がありました。

日本シューズベストドレッサー賞

「クラフトマン部門」第4回作品募集

一次審査結果発表

 

日本シューズベストドレッサー賞「クラフトマン部門」第4回作品募集

一次審査の結果、作品に甲乙つけ難く、予定より1点多い以下の7作品が審査を通過いたしました。

 

新宿区 太田春菜 さま   「Ships for world」

足立区 上林 塁 さま    「ライバルに会いに行く靴」

静岡県 西藤成菜 さま    無題

葛飾区 佐久間恵子 さま 「水」

渋谷区 佐々木玲美 さま 「結 –ゆい‐」

清瀬市 杉澤香織 さま   「未完成」

新宿区 原 一輝 さま  「時空転送靴 オックスフォード」

 

(五十音順)

 

7名の方々にはデザイン画をもとに、実際に靴を制作いただきまして最終審査に臨んでいただきます。最終審査の結果は11月24日(土)、「靴のめぐみ祭り市」特設会場において開催されます「日本シューズベストドレッサー賞」授賞式の席上で発表いたします。追ってこのホームページにも掲載します。

なお、入賞作品の公開はデザイン盗用回避のため、最終審査発表まで控えさせていただきます。悪しからずご了承ください。

 

日本シューズベストドレッサー賞 クラフトマン部門 運営事務局

 

審査風景